資金調達

主婦がカードローンでお金を借りる際のポイント

資金調達の方法

お金を借りる方法として主婦が一番よく選択するのは、カードローンの利用でしょう。カードローンは使いすぎに陥りやすいローンと言われますが、計画的に利用すれば最も利便性が高いのです。

近所のコンビニに備え付けのATMで借りられますし、返すときも使えるのです。家族に内緒にして借りようと思ったら、店舗に借りに行くのは避けたほうがいいでしょう。店舗の近くに、偶然友人・知人がいないとは限らないからです。

カードローンやキャッシングを利用している方は非常に多く、1,500万人を超えていると言われています。ご近所さんにも利用している方が普通にいるので、いつバレるかわかりません。1人にバレてしまうと、連鎖的に周りに広まってしまう可能性があります。

これは無人店舗の場合も同じであり、スタッフがいないからバレないとは考えないことです。無人店舗に出入りしているところを、同僚に見られるというケースは意外と多いのです。

主婦がカードローンを利用するならやはりWEB申し込みが一番

家族にバレないで主婦がお金を借りる方法としては、WEB契約を利用するのがベストでしょう。最近のカードローンはそのほとんどがWEB契約可能であり、WEB完結可能と記載されているものは店舗に行く必要があります。

昔から郵送を利用すれば自宅にいながら借りることが可能でしたが、郵送の欠点には融資までの時間が長いことがありました。申し込みから2週間で借入できれば早いと言われており、1ヶ月かかったという話もよくありました。

最近のローンにも申し込みはWEBでOKだけど、審査通過後の手続きは来店必須のローンもあり、これはプライバシー性が確実とは言えません。WEBで審査を受けて、郵送で契約手続きをする場合はプライバシー性は保たれますが、融資にはやはり1週間以上はかかることが多いでしょう。

プライバシーを保持しつつスピーディーに借りるためには、WEB完結による方法が最も適しています。自宅にパソコンや携帯、スマホがあれば申し込みできてしまうのです。

融資に関しては振込融資対応のローンが多いので、指定口座に振り込んでもらうことが可能です。

主婦のカードローン申し込みは限度額に気をつけよう

主婦がお金を借りるときは、たくさん借りないようにしましょう。たくさん借りられることは、信用力が高い証拠でもありますが、借りた分は利息をつけて返さないといけません。

借りるときは嬉しいものですが、返すときは憂鬱になってしまうでしょう。主婦におすすめの金額は10万円~30万円で、ほとんどの方がこの範囲内で申し込みされます。

男性と比べて家計管理術に長けているので、不要な借入はしないのが女性です。高額で申し込みをするほど借りられない可能性は高くなりますし、借りられないと意味がありません。

借入先としては消費者金融や銀行などが鉄板ですが、地元の信用金庫もおすすめです。信用金庫は非営利で運営しているため、金利が非常に低く抑えられています。

年率12%未満のローンもあり、担保・保証人なども不要であり、即日で借りることも可能です。

 

主婦でも借りれるカードローンの参考情報:即日審査が可能なカードローン