資金調達

パート・アルバイトがお金を借りる際のポイント

日頃からパートやアルバイトなどの不安定な立場で生計を立てている人は、生活費や食費、公共料金、家賃など一ヶ月乗り切るだけの必要額を捻出するだけでも大変です。

また、夫が働いている専業主婦などでもこう言ったパートやアルバイトで収入を得ながらも、まだなおお金が不足してしまうケースも少なくありません。

もしもこういった悩みに見舞われた際には、消費者金融などを効果的に活用することで手軽にお金を借りる方法を模索してはいかがでしょうか。

中でも、カードローンやキャッシングといった少額融資サービスであれば審査の流れも簡単で、多くの場合には即日審査、即日融資を得ることが可能となります。本日中や明日に差し迫った支払い期限にも十分に間に合わせることが可能です。

必要な時に必要な金額だけ利用するのであればカードローンは怖くない

このカードローンとは一枚の個人専用カードを発行手続きすることで、もしもお金が不足した際にはカードを持って近くのATMに駆けつけるだけで簡単な画面操作によって希望額を引き出すことができます。

最近では提携コンビニの利便性も手伝って24時間いつでも簡単に融資金を引き出すことができるようになっていて、緊急性の高い際などには大きな助けとなってくれます。

一方のキャッシングは、申請時に記載した希望借入額をそのまま銀行の預金口座に一括振り込みしてもらえるというサービスのこと。この場合、カード発行の手間暇がいりませんので、電話やスマートフォンからの申し込みであればすべての手続きを自宅にいながらにして処理終えることもできるでしょう。

いずれのケースにしても、まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送などの手法で必要情報を伝え、さらに身分証や年収証明書を提示することで申請を受け付けてもらえます。

特にパートやアルバイトが借り入れする際にはこの年収証明書の提示は重要です。

パートやアルバイトがカードローンを利用するなら収入証明書が必要?

というのも、消費者金融は総量規制を遵守しなければならず、これによると年収の3分の1までしか融資が受けられないため、実質的に何ら年収を得ていない申請者は借り入れが不可能となってしまうのです。

そのため常に安定した収入を得ていることは必要不可欠な条件となります。

また、パートやアルバイトがお金を借りる方法としては、これらの雇用形態でも借りやすい借入先を探すことも重要です。

消費者金融の中にはこういった年収の低い人に対しては融資条件が厳しかったり、あるいは審査通過できない問いったケースも少なくありません。

ここの業者によって条件は大きく異なりますので、ネットの口コミなどできちんと確認した上で借入先を探すことが求められます。

さらに、パートやアルバイトの審査では在籍確認もあり方も問題となります。正社員に比べて立場の不安定なこれらの申請者は職場に借金に関する電話がかかってくることに抵抗を感じる人もいるでしょう。

もしも何らかの不都合があるならば、事前の電話相談などでその旨を伝え、相手側との協議の末に在籍確認の代わりになるような手法にて自らの勤務実態を証明すると良いでしょう。