資金調達

主婦がカードローンでお金を借りる際のポイント

お金を借りる方法として主婦が一番よく選択するのは、カードローンの利用でしょう。カードローンは使いすぎに陥りやすいローンと言われますが、計画的に利用すれば最も利便性が高いのです。

近所のコンビニに備え付けのATMで借りられますし、返すときも使えるのです。家族に内緒にして借りようと思ったら、店舗に借りに行くのは避けたほうがいいでしょう。店舗の近くに、偶然友人・知人がいないとは限らないからです。

カードローンやキャッシングを利用している方は非常に多く、1,500万人を超えていると言われています。ご近所さんにも利用している方が普通にいるので、いつバレるかわかりません。1人にバレてしまうと、連鎖的に周りに広まってしまう可能性があります。

これは無人店舗の場合も同じであり、スタッフがいないからバレないとは考えないことです。無人店舗に出入りしているところを、同僚に見られるというケースは意外と多いのです。

主婦がカードローンを利用するならやはりWEB申し込みが一番

家族にバレないで主婦がお金を借りる方法としては、WEB契約を利用するのがベストでしょう。最近のカードローンはそのほとんどがWEB契約可能であり、WEB完結可能と記載されているものは店舗に行く必要があります。

昔から郵送を利用すれば自宅にいながら借りることが可能でしたが、郵送の欠点には融資までの時間が長いことがありました。申し込みから2週間で借入できれば早いと言われており、1ヶ月かかったという話もよくありました。

最近のローンにも申し込みはWEBでOKだけど、審査通過後の手続きは来店必須のローンもあり、これはプライバシー性が確実とは言えません。WEBで審査を受けて、郵送で契約手続きをする場合はプライバシー性は保たれますが、融資にはやはり1週間以上はかかることが多いでしょう。

プライバシーを保持しつつスピーディーに借りるためには、WEB完結による方法が最も適しています。自宅にパソコンや携帯、スマホがあれば申し込みできてしまうのです。

融資に関しては振込融資対応のローンが多いので、指定口座に振り込んでもらうことが可能です。

主婦のカードローン申し込みは限度額に気をつけよう

主婦がお金を借りるときは、たくさん借りないようにしましょう。たくさん借りられることは、信用力が高い証拠でもありますが、借りた分は利息をつけて返さないといけません。

借りるときは嬉しいものですが、返すときは憂鬱になってしまうでしょう。主婦におすすめの金額は10万円~30万円で、ほとんどの方がこの範囲内で申し込みされます。

男性と比べて家計管理術に長けているので、不要な借入はしないのが女性です。高額で申し込みをするほど借りられない可能性は高くなりますし、借りられないと意味がありません。

借入先としては消費者金融や銀行などが鉄板ですが、地元の信用金庫もおすすめです。信用金庫は非営利で運営しているため、金利が非常に低く抑えられています。

年率12%未満のローンもあり、担保・保証人なども不要であり、即日で借りることも可能です。

 

主婦でも借りれるカードローンの参考情報:即日審査が可能なカードローン

資金調達

パート・アルバイトがお金を借りる際のポイント

日頃からパートやアルバイトなどの不安定な立場で生計を立てている人は、生活費や食費、公共料金、家賃など一ヶ月乗り切るだけの必要額を捻出するだけでも大変です。

また、夫が働いている専業主婦などでもこう言ったパートやアルバイトで収入を得ながらも、まだなおお金が不足してしまうケースも少なくありません。

もしもこういった悩みに見舞われた際には、消費者金融などを効果的に活用することで手軽にお金を借りる方法を模索してはいかがでしょうか。

中でも、カードローンやキャッシングといった少額融資サービスであれば審査の流れも簡単で、多くの場合には即日審査、即日融資を得ることが可能となります。本日中や明日に差し迫った支払い期限にも十分に間に合わせることが可能です。

必要な時に必要な金額だけ利用するのであればカードローンは怖くない

このカードローンとは一枚の個人専用カードを発行手続きすることで、もしもお金が不足した際にはカードを持って近くのATMに駆けつけるだけで簡単な画面操作によって希望額を引き出すことができます。

最近では提携コンビニの利便性も手伝って24時間いつでも簡単に融資金を引き出すことができるようになっていて、緊急性の高い際などには大きな助けとなってくれます。

一方のキャッシングは、申請時に記載した希望借入額をそのまま銀行の預金口座に一括振り込みしてもらえるというサービスのこと。この場合、カード発行の手間暇がいりませんので、電話やスマートフォンからの申し込みであればすべての手続きを自宅にいながらにして処理終えることもできるでしょう。

いずれのケースにしても、まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送などの手法で必要情報を伝え、さらに身分証や年収証明書を提示することで申請を受け付けてもらえます。

特にパートやアルバイトが借り入れする際にはこの年収証明書の提示は重要です。

パートやアルバイトがカードローンを利用するなら収入証明書が必要?

というのも、消費者金融は総量規制を遵守しなければならず、これによると年収の3分の1までしか融資が受けられないため、実質的に何ら年収を得ていない申請者は借り入れが不可能となってしまうのです。

そのため常に安定した収入を得ていることは必要不可欠な条件となります。

また、パートやアルバイトがお金を借りる方法としては、これらの雇用形態でも借りやすい借入先を探すことも重要です。

消費者金融の中にはこういった年収の低い人に対しては融資条件が厳しかったり、あるいは審査通過できない問いったケースも少なくありません。

ここの業者によって条件は大きく異なりますので、ネットの口コミなどできちんと確認した上で借入先を探すことが求められます。

さらに、パートやアルバイトの審査では在籍確認もあり方も問題となります。正社員に比べて立場の不安定なこれらの申請者は職場に借金に関する電話がかかってくることに抵抗を感じる人もいるでしょう。

もしも何らかの不都合があるならば、事前の電話相談などでその旨を伝え、相手側との協議の末に在籍確認の代わりになるような手法にて自らの勤務実態を証明すると良いでしょう。

資金調達

土地を担保にしてお金を借りる方法

資金が必要なときには、手持ちになければどこかから借りてくるしかありません。しかし、借りると言っても返済できる見込みがなければ、貸す方も貸し倒れを心配して貸してはくれません。

お金に困っている状態で、返済が必ず出来るという約束をするのは難しいことです。だから、お金を借りることは出来ないかというと方法はあります。

それが土地を担保にしてお金を借りる不動産担保ローンです。

不動産担保ローンの仕組みと利用方法

不動産を担保にして融資をするというならば、住宅ローンも同じであると思うかもしれませんが、同じようには使えません。住宅ローンはあくまでも、契約者本人と家族が住むための住宅を購入、リフォームするための融資で、不動産担保ローンは借りる理由は自由です。

だからといって、不動産担保ローンを住宅ローンのように使えるかというと、不動産担保ローンが出来るのかというと普通の融資より低い金利ですが、住宅ローンよりかは高い金利なので利息の負担が大きくなりすぎます。

その点をよく理解した上でお金を借りると便利なのですが、どうやって借りるのかというと、まずは金融機関に申し込みをすることから始めます。

借入申込書、本人確認書類、担保となる不動産の関連書類などの必要書類を揃えて、金融機関に提出後事前審査の結果を待ちます。

審査の結果で問題がなければ、融資の内定がもらえるので、次に本契約に進みます。契約を無事結び、担保となる不動産に抵当権を設定登記することで融資が実行されます。

なお、担保には順位というものがあり、担保となる不動産が売却された時、その代金は担保の第一順位となっている債権者から優先的にお金を振り分けていくのです。つまり、順位が上であるほど、貸し倒れのリスクは少なくなります。

当然のことながら、契約をして担保の設定登記をするときには、第一順位になることが条件とする金融機関が多いです。

不動産担保ローンではいくらくらい借入が出来るの?

融資を受ける場合には、もうひとつ重要なのが限度額がいくらになるのかということです。

不動産担保ローンとしての融資限度額はありますが、誰もがその金額で借りることが出来るわけではありません。

それというのも実際にいくら借りることが出来るのかという限度額は、担保となる不動産の価値によって決まるからです。

つまり、五千万円相当の土地を担保にしたならば五千万円、百万円相当の土地を担保にしたならば百万円とその範囲で融資を受けることになるのです。そうなると、不動産の担保価値がどのくらいなのかを、融資をする金融機関は知る必要があります。

不動産の担保価値は、一般的には不動産鑑定士に依頼して、調査をした上で評価をしてもらいます。そうなると多少なりとも費用と時間がかかり、その負担は融資を申し込んだ人が負担することになります。

ですから、金融機関が自社で担保評価をする部署をつくっているところもあり、それならばある程度は費用と時間の節約が出来ます。

申し込む際には、この費用は用意しておく事が必要です。